LED照明・蛍光灯のOPTILEDトップ > 製品紹介 > LEDライン照明CabLED施工方法

CabLED施工方法

LEDライン照明CabLED施工方法

電源側の接続

電源装置に最も近い場所に取り付ける灯具を取り出します。LED側を上にして、灯具をコネクターの下側開口部に差し込み、端まで押しつけます。

プライヤーを使ってコネクターの下側と上側に均等に圧力をかけ、コネクターの上側と下側を密着させ、中の灯具を固定します。

CabLED同士の接続

LED側を上にして、一方の灯具をLコネクターの片側に差し込み、端まで押しつけます。もう一方も同じように差し込み、端まで押しつけます。

プライヤーを使ってコネクターの下側と上側に均等に圧力をかけ、コネクターの上側と下側を密着させ、中の灯具を固定します。

コネクターを裏返しにし、灯具がコネクターの端に完全に押し込まれていることを確認してください。

コネクタが完全に接続されているかご確認ください。うまく接続されていない場合、点灯する事ができませんのでご注意ください。

本灯具の切断方法

はさみを使って、マークを付けた切断位置で灯具を切断します(180mmピッチ)。はさみマーク以外の場所での切断をすると点灯することができませんのでご注意ください。

切断後は必ずエンドキャップを装着し、端処理をしてください。

電源との接続方法

コネクターの片方の端を電源装置に接続し、電源装置のプラグをコンセントに差し込んで、組み立てた部品をテストします。正しく作動する場合は、プラグを抜き、取り付け作業を続けます。

オプション品

  • Pカプラー
  • Iカプラー
  • Uカプラー
  • Tブランチャー
  • 4ウェイアダプター
  • Lアダプター
  • 6フレキシビルコネクター
  • エンドキャップ

取付クリップ

  • クリップホルダー
  • Mクリップ
  • エッジクリップ

金具の取付けにM×6mmネジが必要になりますので、別途ご用意ください。

安全にお使いいただくために

ご使用前に、本マニュアルをよく読み、その内容をご確認ください。本製品は、屋内・屋外のさまざまな用途に対応できるように、一連の構成部品を含んでいます。本マニュアルに記載されている順序に従って作業を行ってください。注意事項に反する使い方をすると、破損・感電・火災の原因となります。

警告 警告 この表記を無視して誤った取扱をすると、死亡または重傷を負う可能性があります。
表示された電源電圧以外の電源で使用しないで下さい。
感電・火災の原因となります。
専用のコネクタ、取付金具、及び推奨電源装置以外はご使用にならないでください。
スポンジの付いている両面テープは使用しないで下さい。
製品故障の原因となります。
使用消費電力によって電源の容量を決めてください。電圧降下や熱による破損を引き起こす可能性があります。
・30W-5m以下  ・50W-10m以下  ・75W-15m以下  ・100W-20m以下
本灯具および電源装置は、分解・改造は行わないでください。
注意 注意 この表記を無視して誤った取扱をすると、傷害及び物的損害が発生する可能性があります。
本灯具を切断、接続、取り付け、または取り付け変更する際には、本灯具が電源に接続されていないことを確認してください。
製品に異常が発生した場合は、すぐに電源を切り、工事店へご相談ください。
電源を切った後は灯具に手を触れないでください。
本灯具は耐水性ですが、防水性ではありません。水に浸からないようにしてください。
本灯具の点灯中は、光源を直視しないでください。
振動のある場所、雨の吹き込みを受ける場所、腐食性ガスの発生する場所では使用しないでください。
周囲温度は、-20~50℃以外では使用しないでください。短寿命の原因となります。
本灯具のカットマーク以外の箇所で切断しないでください。
本灯具の清掃は、水または中性洗剤を用いて、汚れた部分を軽く拭き取ってください。シンナー、ベンジン、アルカリ系洗剤で拭かないでください。変色・変質、強度低下による破損の原因となります。
CabLEDの最小湾曲は直径200mmとなっております。
使用範囲以上の角度で使用すると製品故障の原因となります。
また、製品を取り扱う際、ねじれないようご注意下さい。
製品故障の原因となります。