LED照明・蛍光灯のOPTILEDトップ > 製品紹介 > 直管形LED蛍光灯REALTUBE施工方法

REALTUBE施工方法(OPJ-600シリーズ/OPJ-1200シリーズ)

REALTUBE施工方法(OPJ-600シリーズ/OPJ-1200シリーズ)

1灯用トラフを使用する場合

REALTUBE専用器具

1.切断
器具に通電がされていないことを確認した上で2次側線を切断。
2.末端処理
切断した線をそれぞれ端末処理し、電気が流れないようにビニールテープで巻く。
3.切断
もう片方の2次側線も同様に切断。
4.末端処理
安定器側の線だけをビニールテープで端末処理し、ソケット側の線はフリーの状態にしておく。
5.電源の固定
REALTUBE専用電源をビス等で固定し、1次側・2次側両線を結線できる状態にしておく。
6.結線圧着
ソケット側の線を専用電源の2次側線(赤青線もしくは赤黒線)をしっかりつなぎ合わせ端子(スリーブ等)で圧接する。
7.結線完了
端子と線をビニールテープできっちり巻き付け、外れないように施す。
8.1次側差込
最後に専用電源1次側線(白黒線)を電源端子台へ差し込み、通電の確認を行う。

完成