LED照明・蛍光灯のOPTILEDトップ > LED導入事例 > 店舗・商業施設 > イトーヨーカ堂 古淵店

イトーヨーカ堂 古淵店 様

イトーヨーカ堂 古淵店

集客力の向上と自発的な情報発信による社員の意識変革に効果

イトーヨーカ堂 古淵店 様

導入時期
2015年4月24日
導入商品
入口上部:
LEDスクリーンビジョン(製品名:Impact10)
合計40パネル
壁  面:
カラーLED(製品名:FS25)
合計74本
壁  面:
木ルーバー裏の間接照明(製品名:CabLED)
合計13巻

入り口上部に設置されたLEDスクリーンビジョン

木ルーバー裏の間接照明とその上を走る2本のカラーLED

外壁に設置されたカラーLEDは一定の速度で光が左から右に流れ、様々な色に変化する。

株式会社イトーヨーカ堂 古淵店改装ご担当者様インタビュー

施設管理部施設管理マネジャー 柴崎善勝様

施設管理部施設管理マネジャー 柴崎善勝様

―― なぜLEDスクリーンビジョンやカラーLED、木ルーバー裏の間接照明を導入されたのですか?

お客様にリニューアルしたことをご認識頂くのに一番良いツールだと思ったからです。店舗の壁面にLEDスクリーンビジョンやカラーLED、木ルーバー裏の間接照明を設置することで、見た目の印象が変わり、国道16号を通り過ぎて行くお客様が一見してリニューアルしたことを認識していただくことができると考えたからです。今までの店内改装は、売り場の装飾や商品変えに止まり、ご来店頂いていないお客様に中々認知していただけませんでした。今回は大々的に改装しましたので、その事が良く伝わる方法を考え、一番効果的だろうと言うことで導入しました。

―― 導入を決めてから、メーカー選定はどのように行いましたか?

LEDスクリーンビジョンは他の導入された製品を実際に見に行きました。カラーLED、木ルーバー裏の間接照明についても、現場に試作品を設置する等して各メーカーの製品を比較検討しました。その上で、特にLEDスクリーンビジョンについては金額が大きい為、メーカー各社の製品と金額の比較をして決めました。

―― OPTILED/Lighthouse※1のLEDスクリーンビジョンを採用した理由は何でしょうか。

今回のLEDスクリーンビジョンの設置場所は、非常に狭い場への取り付けとなり、OPTILED/Lighthouse※1は、メンテナンスなども考慮した上での設置方法の設計や製品寸法のカスタマイズなど、非常に柔軟な対応をしてくれました。その事が大きな決定要素となりました。

――OPTILED/Lighthouse※1のLEDスクリーンビジョンの性能についてのご感想を詳しく教えてください。

まず、高い色再現性と鮮明でムラの無い表示を実現できる点は強みだと思います。表示された映像はストレスがかからない綺麗なものでした。他の商業施設に設置された導入事例を見に行きましたが、周囲が明るい場所でも映像が鮮明に映し出されていました。また、高コントラストで、白黒がはっきりと表示できる点も優れていると思います。例えば、夜空の星などの暗い映像についてもはっきり表示できる点は強みだと思います。 横140度、縦100度の広い視野角も条件に合っていました。隣接したイオン様からの陸橋を通って来た場合、斜めから見える場所にLEDスクリーンビジョンを設置することになっていたからです。 また、4Kの映像を表示できる点も強みだと思います。

――OPTILED/Lighthouse※1の対応についてご感想をお聞かせください。

小売業の改装は変化が早く、売り場のレイアウトやプランもギリギリまで決まらないことがよくあります。そのような状況下でも、決定・変更後にスピーディに、そして柔軟に対応してくれた点も良かったと思います。

――木ルーバー裏の間接照明に関しては、いかがでしょうか。

屋外に設置する為、防塵・防水規格IP65を取得していることは必須条件でした。最短18cmで切断できるので、木ルーバーの長さに合わせて現場で即時に長さを調整できました。長さが違う為に適合する長さの製品を作り直し、その納期を待つという余計な時間もかかりませんでした。切断しても防塵・防水機能を持続できる点や価格が抑えられる点も強みだと思います。

――LEDスクリーンビジョンを導入することで得られたメリットは何ですか?

LEDスクリーンビジョンは、お店の声や映像を使い、自発的な情報発信を可能にしてくれる点が大きなメリットだと思います。例えばチラシは音を出したり、動かしたりすることはできません。インターネット上の広告はお客様自ら見に来て頂かないとご覧頂くことができません。メルマガ等の配信されてくる情報は、会員になっていただいたお客様にしかご覧頂くことができません。しかし、LEDスクリーンビジョンは、周辺を通るお客様に音声と動く映像を使って、自分達がやりたいことをPRできます。店内でお客様がいらっしゃるのを受け身で待つのではなく、自分達から情報を発信できる為、社員並びにスタッフの意識が変わってきたように感じます。

――LEDスクリーンビジョンを使って、今後取り組んでみたいことは何ですか?

地域に役立つ情報発信にも取り組みたいと考えています。例えば、地域のイベント情報や災害に関する情報なども配信して、近隣のお住まいのお客様の回覧板的な機能も果たせればと考えております。また、「商業施設に楽しみを」というコンセプトのもと、イベント等でLEDスクリーンビジョンを活用した遊びなども考えて行きたいと思います。

――株式会社イトーヨーカ堂様は、環境保護の観点から様々な取り組みを行われ、省エネ設備の導入を積極的に行われています。一例を挙げますと、店内照明のLED化については全国の店舗に導入を完了されました。弊社の製品も20万本以上導入いただいきました。このように多種多様な取り組みをされている中で、現在、力を入れている取り組みでご紹介いただけるものがありましたら、教えてください。

燃料備蓄基地と井戸の装置についてお話しします。2011年東日本大震災が起きた際、東北周辺や関東地方も深刻な燃料不足に陥りました。関東や関西の工場で製品は作れましたが、それらを東北に運ぶトラックの燃料が不足していました。今後そのような状況に陥らないように、株式会社セブン&アイ・ホールディングスとして埼玉県に燃料備蓄基地を作りました。燃料さえ備蓄しておけば、何か起きても必要な場所に製品を届けることができます。緊急時は、政府や自衛隊の物資に集中して依存しがちですが、被災された方の周辺にはセブン-イレブンやイトーヨーカドーがあると思います。つまり、我々には供給の責任があると思っています。
また、現在40店舗程に井戸水を導入しています。これは、震災などの緊急時に飲み水を確保する為です。災害時には電気、ガス、水が止まることが予想されますが、その中で一番必要となってくるものが水です。電気は復旧が早く、ガスと水は配管で供給される為、管が割れた場合は復旧が遅れます。ガスと水では、飲み水という意味でも水の方がより重要と言えます。電気がついた時に井戸の装置が動けば、飲み水は確保できるようにしています。イトーヨーカドーアリオ仙台泉店では市と災害協定を結び、災害時に水を供給することが決まっています。このような取り組みを行うのは、我々には生活インフラとして果たすべき役割があると考えているからです。



OPTILED:大変為になるお話しをありがとうございました。弊社もLEDスクリーンビジョン等製品だけではなく、様々な面で企画提案させていただき、御社の取り組みにも協力させていただきたいと考えております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

イトーヨーカドー古淵店店長様インタビュー

古淵店店長 佐々木毅様

古淵店店長 佐々木毅様

LEDスクリーンビジョン、カラーLED、木ルーバー裏の間接照明の導入について
――LEDスクリーンビジョンを導入された理由は何ですか?

情報をお客様に発信したいと思っていました。お店から発信される情報に共感されたお客様はお店の中に入ってもらえるのではないかと考えたのです。ご来店いただくお客様に対して連絡通路から一番目立つ所に動く情報をつくることで、期待感を持ってご来店いただけるのではないかということで始めたのがLEDスクリーンビジョンです。店内の6か所のTVとも連動して同じ映像を流しています。私も最初は映像に出演しました。今は鮮魚の責任者やパートの方が、水着であれば水着担当のパートの方が出て、商品を紹介する等しています。新しいテナントのロフトの紹介もやりました。自分のお店に自信をもって自分が出てLEDスクリーンビジョンで訴求をするのは効果があるのではないかと考えております。また、お客様が「LEDスクリーンビジョンの下で待ち合わせね!」というような地域の名物になればいいなと思っています。

――導入後、どのような効果がありましたか?

LEDスクリーンビジョンを使って情報を外に打ち出すことで、外からお客様を(今までお店に興味が無かったお客様を)集客できるようになったのではないかと感じています。理由は来店者数が増えているからです。朝、私はお店の前を車で通りますが、LEDスクリーンビジョンが通りからも見ることができますし、夜は照明も明るくなりました。そういう意味でLEDスクリーンビジョンは効果が出ていると思います。木ルーバー裏の間接照明(CabLED)も文句は無いですね。非常に綺麗に店を映し出してくれていると感じます。上質感もあり、非常にいいと思います。カラーLED(RGBライン照明)は3パターンで光が動きますが、最初に見た時は感動しました。これを見て、お客さまがこのお店に期待感を持って頂けたら有り難いです。国道16号を通る車の数は大変多いので、その方々に何だろうここはと思って頂ければ、来店動機につながるのではないかと思います。美しく、魅力ある外観をご覧いただければ、来店の動機につながるのではないかと思っています。

――今回導入頂きましたLEDスクリーンビジョンの一番の特長は、高い色再現性と鮮明でムラの無い表示を実現でき、TVのような映像を出せる点です。実感されましたか?

はい。どうしても大きいテレビ(表示板)ですと画素数の関係上、粗い映像で、現実的でない映像になることがありますが、そういうものを殆ど感じなかったですね。粗さがなく、非常にスムーズでなめらかだと感じました。

――初めて見た時に感じたことは何ですか?

LEDスクリーンビジョンの第一印象は、私が叶えたかった製品だったこともあり、設置された時の感動はひとしおでした。「すごくきれいなLEDスクリーンビジョンが付く」と本部から聞いていたので楽しみにしていました。取り付けた直後に外に呼ばれ、見た時に「素晴らしいな」と感じました。若いカップルが手をつなぎながら、映像を見るようなデートスポット的な場になると地域の方にも喜んで頂けるのではないかと思います。

――導入後の効果で、一番強く感じた効果は何でしょうか?

一言で言うと、お客様は結構LEDスクリーンビジョンをご覧になっていると感じます。理由は、最初のVTRは8分強の編集されたビデオでしたが、その中に「私、店長の佐々木です」と私が案内させて頂くところが多くありました。それでおそらくご覧になって「あっ!店長さん」と気さくに声をかけてくださるお客様が非常に増えました。間違いなく、LEDスクリーンビジョンをご覧頂いて、そのお客様が直接お声をかけて頂いていると思います。お客様との距離が縮まったのかなと今回つくづく感じます。

――集客面での効果はありましたか?

LEDスクリーンビジョン等が導入される前は、1階の立体駐車場側の入り口が1番お客様の通る入口でした。土日だと2番目がイオンさんとの連絡通路から渡ってきて入る入口でした。今では、もう毎日どのタイミングを取っても2階の入り口の入り数が1番多くなりました。それはLEDスクリーンビジョンがついて興味を持ちながら来て頂いているというのもあると思います。

――今回の導入で地域に何か影響を与えたことがありましたら、教えて下さい。

以前より周囲が明るくなりました。防犯上にも良いのではないかと思います。また地域の情報もLEDスクリーンビジョンでお客様に対してお伝えして行きたいと考えています。例えば、警察、消防からの情報や、保健所からの「食育、食中毒に注意しましょう」等のお知らせもLEDスクリーンビジョンを活用できれば、地域の役に立ち、連携もより強く出来てくるのではないかと考えています。その他にも、地域のよさこい祭りもご紹介できれば、地域に対しても密接な関係ができると思いますし、地域全体の活性化にもつながると思います。地域全体の活性化につなげ、最終的には、地域のお客様に信頼され、御支持頂けるお店を作って行きたいと考えております。

※1 Lighthouseは、当社グループ会社のLEDスクリーン専業メーカー

スペック

LEDスクリーンビジョン★LEDスクリーンビジョン(Impactシリーズ)

    Impact 8 Impact 10 Impact 12 Impact 16
輝度 nits 6000
水平視野角 deg. 140 (+70/-70)
垂直視野角 deg. 90(+35/-55) 110(+55/-55) 100(+40/-60) 90(+30/-60)
ピクセル構成 R/G/B SMD 3-in-1
素子間の距離 mm 8 10 12 16
処理納品 bit     16  
縦横比   2:3
パネル寸法(横) mm / ft 512 / 1.68 640 / 2.1 768 / 2.52
パネル寸法(縦) mm / ft 768 / 2.52 960 / 3.15 1152 / 3.78
パネル表面部 sq.m / sq.ft 0.39 / 4.23 0.61 / 6.61 0.88 / 9.5
ピクセル解像度 w x h 64 x 96 48 x 72
保護等級(前面/背面) IP IP65 / IP54
製品寿命(50%明るさ) hrs >100,000

カラーLED (FS25)★カラーLED (FS25)

輝度 nits 2,000
色温度 deg. K 6,500
水平視野角 deg. 140 (+70/-70)
垂直視野角 deg. 140(+70/-70)
ストリップ Kg 1.083
ストリップ長さ mm 10,000
ストリップ幅 mm 12.7
ストリップ高さ mm 8.5
ストリップ素材   シリコンラバー
ピクセルマトリクス per ストリップ   400
推奨最小視認距離 m 25
色再現性   281 兆色
グレースケール Levels 65,536 階調
輝度調整 Levels 100段階
コンストラスト比 (typical)   1,000:1
処理能力  bit 16
フレームレート Hertz  50/60
リフレッシュレート Hertz 1,000
動作温度  deg. C  -20 to +50
ピクセル型配置 R/G/B SMD3 in 1
入力電圧 VDC 24
保護等級 IP IP65
入力電力 (最大) Watts 68
製品寿命 (光束が初期の50%) Hours ≥100,000
システム入力フォーマット   イーサネット
データ相互接続   CAT 5E (長さ100m)
光リンク (200m<長さ5km, 任意)
Mounting system   吊り下げ/埋め込み

この事例で使用しているLED製品をチェック!

次の事例へ