LED照明・蛍光灯のOPTILEDトップ > ご購入の前に > 現地調査時の注意点

お問い合わせ

製品への質問や導入相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL.03-5812-3566

現地調査時の注意点

事前の現地調査時に、必ずチェックしておきたい注意点です。

器具配線方法はこちら

ソケットの設置方向確認

照明器具には様々な形状があり、それに伴いソケットの収まりにばらつきが生じます。
360°発光の蛍光灯では問題ありませんが、照射角が限定されているLEDは事前の確認が重要となります。

ソケットの設置方向確認

照射角と明るさ感の関係

現在、お客様の中には「LEDにすると暗くなるのでは・・・?」という印象をお持ちの方が少なからずいらっしゃいます。それは弊社の製品をはじめLED照明にはヒートシンクを有しており、照射角が限定されております。
机上面照度はFL・FLRと同等程度の数字は出ますが、器具効率の差により、明るさ感が減退し、空間が暗く感じる場合があります。

照射角と明るさ感の関係

既存器具の経年劣化確認

照明器具は設置して8~10年経つと、外観に異常が無くても内部の劣化は進行しています。 照明器具の耐用年数は使用条件(周囲温度・湿度・電源電圧・点灯時間・汚損・振動など)によって大きく影響され、一律に規定することが困難ですが、JISC8105-1の解説では次のように示されています。

(JIS C8105-1 「照明器具-第一部:安全性追求事項通則」解説より抜粋)
電気用品安全法の技術基準では、規定条件での電気絶縁材料の性能の限界を40,000時間としております。実際には諸条件が影響し、30,000時間くらいから磨耗故障期とよばれる部品劣化が始まるとされております。

下記の図のように劣化が進んだ照明器具をLED化する場合は照明器具ごとのお取り換えをお勧め致します。

既存器具の経年劣化確認

使用可能器具の確認

非常用照明には使用できません。

非常用照明には使用できません。

誘導灯には使用できません。

誘導灯には使用できません。

構造上製品は防水対応ではありません。

構造上製品は防水対応ではありません。